有料老人ホームの入居検討に関する調査を発表 入居初期費用は、入居者本人の全額負担が6割

有料老人ホームの入居検討に関する調査(PDF 約1.2MB)

2017年08月03日 株式会社LIFULL senior
グラフ:入居した有料老人ホームの初期費用や毎月の利用料はどなたが負担していますか?

株式会社LIFULL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)の子会社で、日本最大級の老人ホーム・介護施設の検索サイト『LIFULL介護』を運営する株式会社LIFULL senior(代表取締役社長:泉 雅人)は、親族の有料老人ホームへの入居を検討した経験のある首都圏・京阪神の30~69歳351名を対象に、「有料老人ホームの入居検討に関する調査」を行いました。

調査結果の概要

入居初期費用は入居者本人の全額負担が6割

有料老人ホームに入居した156名のうち、入居初期費用は61%が入居者本人の全額負担だった。入居者本人が半分以上出し残りを家族が負担は19%で、家族が半分以上出す場合は20%だった。毎月利用料は入居者本人の全額負担が56%、入居者本人が半分以上出し残りを家族が負担は20%で、家族が半分以上出す場合は23%だった。

入居者本人の金融資産は、3割弱が300万円未満

有料老人ホーム入居者本人の金融資産額は、300万円未満が26%で最も多く、次いで300~1,000万円が20%だった。一方、1,000万円以上の資産保有者は、1,000~2,000万円が19%、2,000~5,000万円が14%、5000万円以上も8%となり、平均では1,707万円となった。また、入居者本人の月収は、0~10万円未満が19%、10~20万円が44%、20~30万円が21%だった。

調査概要

  • 調査地域首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)/京阪神(大阪・京都・兵庫)
  • 対象者 共通条件
    • 年齢30~69歳 男女
    • 家族・親戚の中に、「加齢による介護が必要な方」(被介護者)がいたことがある方
    • 最近3年以内に、その被介護者が有料老人ホーム※ へ入居することを検討しており、その入居検討に関与した方
    • 入居を検討する際に、ネットを利用して「施設の情報」を調べた方

    ※「介護付き有料老人ホーム」または「住宅型有料老人ホーム」

  • 有効回答数

    3年内入居開始者:156名(3年以内に被介護者が有料老人ホーム ※1の入居を開始した方)
    2年内入居検討者:195名(被介護者が有料老人ホーム ※1には入居をしていない方 ※2)
    計:351名

    ※1「介護付き有料老人ホーム」または「住宅型有料老人ホーム」

    ※2 他施設に入居した/施設に入居しなかった/検討中のいずれかに該当

  • 調査方法インターネット調査
  • 調査期間2017年6月9日~12日

本件に関するお問い合わせ先

株式会社LIFULL senior マーケティンググループ 広報担当
  • TEL03-6774-1616

株式会社 LIFULL seniorについて

株式会社 LIFULL senior(ライフル シニア)
  • 代表取締役泉 雅人
  • 事業内容日本最大級の老人ホーム・介護施設の検索サイト「LIFULL介護」の運営
    https://kaigo.homes.co.jp/