株式会社LIFULL senior

エントリー & 募集要項

MY VISION

「あってよかった」と思われるサービスで、身近な「困った」を解決し続けたい

KATAYAMA TAKAHARU

営業企画 / 2015年入社

Q1

LIFULL senior を選んだ理由は?

ベンチャーでありつつ、安心して挑戦できる環境

前職は、Web×金融・保険領域の会社で、来店型のカウンター営業をしていました。

ただし、配属は営業だったため、クリエイティブ職との関わりはなく、身に着けられる知識も、金融や保険に特化していました。店舗の拠点長を任せてもらうなど、着実にステップアップをしてはいたものの、自ら携われる領域には限界があり、転職を決意しました。

もともと結果にコミットするような環境で働きたいと考えていたこともあり、ベンチャー企業を志望していました。とはいえ、ライフイベントを迎えるタイミングだったこともあり決断には慎重でした。その中で、LIFULL senior はベンチャー企業でありながらも、LIFULLというバックボーンがあるため、まさに安心して挑戦できる環境でした。

Q2

介護やシニア領域に対する印象は?

社会課題に紐づく業界の課題を解決できることが魅力的だった

前職での経験があったことが前提にはなりますが、介護を迎える方はさまざまな不安をもっていたことを肌で感じていました。

介護を必要とするタイミングは、保険と同様大きな金額が動くときなので、その点でも前職と親和性があり、また今後必ず必要とされる分野であることや、社会的意義の高さが魅力的でした。

Q3

入社後のLIFULL seniorは?

創り上げていく上でのカオスさが面白い

面接のときから感じていたことですが、いい意味で出来上がっていない組織だと感じていました。

入社のタイミングで大阪に営業支店の立ち上げを任せてもらっていたので、与えられる裁量の大きさもさることながら、ないものだらけの中で様々なことを進めていかないといけないカオスさが面白かったですね。

自分たちの気付きを発信して、実現するための方法を考えてよりよい方向へ変えていく。これはLIFULL senior独自の文化だなと思います。

Q4

今後挑戦したいことは?

クライアントの介護に向き合う環境づくりを支えたい

LIFULL seniorに入社して以来、大阪支店の立ち上げ、営業グループのマネージャーを経て、現在はサービスサイドに立って、事業に携わっていきたく、企画ポジションに異動しました。

挑戦したいことはたくさんありますが、まずは、日々営業チームのメンバーから出てくる、サービスのアイディアやクライアントからのニーズを、高いレベルで実現していけるようになりたいですね。

ゆくゆくは、toBの新サービスも展開していきたいと思っています。人手不足や財源難等、日本としての社会課題の影響ももろに受ける領域ではありますが、クライアント(老人ホーム運営会社)がより、介護に集中できるような環境づくりや、介護の質を上げるための取り組み等を支援出来るサービスを創りたいですね。

Member

LIFULL seniorで働くメンバー

一緒にシニア業界の未来を創る仲間を募集しています!

募集要項などの情報はこちら
エントリー & 募集要項